社会福祉法人 米沢市社会福祉協議会
メニュー
米沢社協について
重点事業について
運営施設紹介
ボランティアセンター
在宅福祉サービス
介護保険事業・障害者支援費事業
相談・援助
研修会・講座案内
お知らせ
社協だより
交通アクセス
リンク集

ふれあいネットワークロゴマーク
 (社)米沢市社会福祉協議会
 〒992-0059
 山形県米沢市西大通1-5-60
   TEL:0238-24-7881
   FAX:0238-24-7861
  メールメールでのお問い合わせ
米沢社協タイトル トップページを表示 サイトマップを表示

 ひまわり学園

全景 ひまわりがくえん デイサービスじぎょうしょ

米沢市中央六丁目1−45
電話:0238-21-1330

≪ こんにちは ≫

 ひまわり学園(児童発達支援事業所)では、遊びを通して一人ひとりの発達に応じた支援を行っています。
 集団参加の楽しさを知らせること、コミュニケーション意欲を育てること、情緒の安定を図ること、やってみようとする気持ちを育むことができるように発達支援をしています。

≪ 児童発達支援の内容 ≫

ひまわりイラスト1.日常生活支援

  • 身の回りのことは自分でやろうとする気持ちを育てる
  • 友だちとの活動を通して集団参加の楽しさを知らせる
  • 丈夫な体をつくる
  • 遊びを通して運動機能の発達を促す
  • 経験を通してコミュニケーションの意欲を育てる
  • 情緒の安定を図る

2.社会適応支援

  • バス遠足、園外保育、交流保育などを通して社会とのふれあいを持つ

3.遊びを通しての支援

  • 運動遊び、なかよしリズム(音楽療法)、おひさまひろば(ことばの集団指導)
  • ことばの支援(個別指導)、散歩、感覚遊び(粘土、スライム、水、絵の具)など

 ページの先頭へ戻る


≪ 年間の主な行事 ≫プレイルーム写真

園外保育、誕生会、親子遠足、夕涼み会、運動会、
年長児思い出遠足、クリスマスお楽しみ会、
交流保育、おくる会、卒園式、他に、身体測定、
カモシカクラブ、避難訓練、内科歯科検診、
親子ふれあい遊びの日など計画しています。

≪ 利用について ≫

定員:10名
月曜日〜金曜日 午前8時45分〜午後2時45分
他の施設との併用ができ、登園日数についてはご相談に応じます。
米沢市及び近隣市町村にお住まいで、未就学のお子さんと保護者が対象です。
申し込み手続きは米沢市社会福祉課にて行います。通所受給者証発行後、重要事項説明に基づき、詳しい説明をさせていただきます。その後、保護者の方とひまわり学園と契約を締結し支援実施となります。

 ページの先頭へ戻る

ひまわり学園デイリープログラム

  8:45   登園          *身体を調整する大切な時間
       好きな遊び     *好きな遊びをいっぱいしましょう

  9:45   体操         *なるべく靴下を脱いでみよう!
       かけっこ      *全身をいっぱい使おう
       運動遊び     

 10:15  おやつの時間

 10:30  朝の会
       課題遊び(課題カリキュラム)
         *月案、週案、日案、季節、天気などで内容が変わります。

 11:00  散歩

 11:45  食事準備・食事
        歯みがき    *歯みがきは大切な生活習慣です。

 12:50   昼寝準備・昼寝

 14:30   お帰りの会       
       絵本・紙芝居

 14:45   降園

 ページの先頭へ戻る


≪ 保育所等訪問支援事業 ≫

1.保育所等訪問支援とは?

  • 保育園、幼稚園、認定こども園等での集団適応を支援する事業です。
  • 対象となるお子さんを集団生活に合わせるのではなく、お子さんの特性に集団生活の環境や活動への取り組み方などを合わせる手助けをします。
  • 支援を通して子どもが安心、安全に過ごせるようになり、保育や教育の効果を最大限に引き出せるようにしていきます。

2.対象児童は?

  • 発達が気になるお子さんや障がいのあるお子さん(市町村から受給者証を交付されている)が対象です。
  詳しくはこちらをご覧ください。

 ページの先頭へ戻る


≪ 児童発達支援事業所 自己評価 ≫

 令和2年度児童発達支援事業所における自己評価を公表しました。
 下記のPDFデータよりご覧ください。

 事業所における自己評価結果(公表).pdf

 ・保護者等からの事業所評価の集計結果(公表).pdf


                                         ページの先頭へ戻る


 運営施設紹介へ戻る次の案内に進む
All Rights Reserved, Copyright(c) Yonezawa Social Welfare Council. 2005