社会福祉法人 米沢市社会福祉協議会
メニュー
米沢社協について
地域福祉活動計画
運営施設紹介
ボランティアセンター
在宅福祉サービス
介護保険事業・障害者支援費事業
相談・援助
研修会・講座案内
お知らせ
社協だより
交通アクセス
リンク集

ふれあいネットワークロゴマーク
 (社)米沢市社会福祉協議会
 〒992-0059
 山形県米沢市西大通1-5-60
   TEL:0238-24-7881
   FAX:0238-24-7861
  
メールメールでのお問い合わせ
米沢社協タイトル トップページを表示 サイトマップを表示

 第5期米沢市地域福祉活動計画について

『地域福祉活動計画とは…』
 地域住民、当事者団体、ボランティア、NPO団体等の住民参加のもとで、地域の課題を明確にし、解決策の協議を行い、解決に向けた具体的な行動方策明らかにするもので、社会福祉協議会が中心となり策定するものです。
重点事業イラスト
『計画期間』
 令和2年度〜令和6年度

 第5期米沢市地域活動計画では、これまでの活動計画の取り組みを踏まえながら、住民をはじめ各種団体やボランティアの皆さま方などと連携して、互いに支え合い、助け合う仕組みをさらに充実させ、地域の福祉課題の解決に取り組むための計画として策定しました。
 本計画記載の計画書とダイジェスト版を作成しております。
是非地域の福祉活動でご活用ください。必要な方は社協に
ご連絡ください。



「基本理念」

 なせば成る!愛があふれる福祉の輪

「基本目標
 お互いに助け合い 
     支え合うまちをつくろう

 
   
「基本計画」              「社協の取り組み」

つたえる
(広報・啓発)
 
1.福祉情報を発信する。
2.福祉教育・福祉学習(福祉共育)
  をすすめる。
3.福祉イベントを開催する。
2 つながる
(連携・協働)
 
1.住民同士のつながりを強化する。
2.支部社協の活動を支援する。
3.社会福祉法人の公益的な取組を
  推進する。
4.コミュニティセンターとの連携を強化
  する。
3 つくる
(活動・拠点)
 
1.誰もが元気に活躍できる地域をつくる。
2.集いの場づくりを広める。
3.ボランティア活動をすすめる。
4.外出の支援の実施に向けて検討する。
5.活動基盤を強化する。
4 ささえる
(相談・支援)
 
1.福祉の総合相談窓口を設置する。
2.権利擁護センターを設置する。
3.地域包括ケアシステムの推進に協力
  する。

 ページの先頭へ戻る


主な事業をご紹介します。

*おしょうしな 福祉座談会の開催

座談会では、地域で誰もが安心して生活できるまちをつくるため、今何が課題かを住民の皆さんと一緒に考えて行きます。
座談会での課題は社協でも検討し、必要に応じて行政や米沢市ボランティア連絡協議会等各団体へ働きかけをしていきます。

◎今年度も多くの町内会の皆様方と、一緒に座談会をしております。
    「みなさんの町内会でも開催してみませんか!!」

     ”もっと もっと 住みよい 町内にしていきましょう”


*見守り、声がけ運動の推進

社会福祉協議会では、何らかの援助を必要としている方々に、安心して暮らしていただくため、町内会ごとに福祉部(長)・福祉協力員を設置していただき、近隣で助け合える援助体制づくりを進めております。
組織図

★福祉部(長)・福祉協力員とは
町内会での福祉問題の発見や援助活動などを町内会(長)や地域の民生委員・児童委員、近隣住民の方々と連携をとりながら福祉活動に取り組んでいただく奉仕者です。

 ページの先頭へ戻る

*ふれあい・いきいきサロン

ふれあい・いきいきサロンとは、地域の高齢者や障害のある人、そして子育て中の親などが気軽に集まり、楽しいひと時と仲間づくりができる場所です。
地域を拠点に、住民である当事者とボランティアとが協働で企画し内容を決め、ともに運営していく仲間づくりの活動をいいます。現在高齢者・障がい者
対象としたサロンや子育てサロンの登録をいただいております。
随時登録募集しております。
サロンを開いてみたい方は是非社協へお問合せ下さい!
地域のみなさんと
お茶を飲んだり・おしゃべりしたり・
笑ったり・体操したり
楽しいひとときを過ごしましょう!
 ページの先頭へ戻る

*除雪支援隊の体制づくり
おしょうしな福祉座談会の中で一番多い問題は、雪の問題です。特に除雪車の押し雪による雪のかたまりを取り除くのには、大変苦労されています。これからもおしょうしな福祉座談会や町内福祉部研修会等で啓発していき、隣近所で助け合う除雪支援隊が多くできるよう取り組んでいきます。

 ページの先頭へ戻る


 トップページへ戻る次の案内に進む
All Rights Reserved, Copyright(c) Yonezawa Social Welfare Council. 2005